サークル

これまで数々の安価で実用性Maxな超絶エロい作品を世に出してきた同人サークル『ベルゼブブ』

調教や凌辱モノを多く発売してきたサークルですが、最近では『スポットライト☆シンデレラ』で純愛作品にも手を出し始め、今後の動向に注目していた矢先に、まさかの本作『嫁挿れどき』を発売。

「前作の追加パッチ作ってますよ~」と言いながら3年温めて来た作品を発売するなんて思いもしませんでした。

実際手に取ってみると『嫁挿れどき』は期待値が高すぎたせいか、不満が募る出来で、私としては残念でなりません。

恐らく以前発売した「自宅警備員」を元ネタにして簡易版を作ってみた結果だと思うのですが、あの七面倒臭いゲームシステムが恋しくなるほど簡易化されてしまっています。

『嫁挿れどき』では冒頭で盗撮してやると主人公が漏らすのですが、一部のイベントのみに反映されているだけで、盗撮要素はほぼ無し。

テキストで「これまでの行いは全て記録しているぞゲヘヘヘ」と言うだけで、ゲーム中それらしい行動は一切しておりません(笑)

いや、もう、ホントに、ツッコミ所だけなら今までの作品で随一かもしれません。

私はそんなギャグなのか本気なのか分からないシナリオを楽しめましたが、抜きゲーとしてはどうなんだろうと疑問に思うばかりです。

ゲーム性を廃し、Hシーン特化させるならいざ知らず、肝心要のHシーンでさえボリューム・クオリティ不足は否めないので、『ベルゼブブ』さんにはそこの所をよ~く考えて欲しい。

制作期間やら人件費やらでこの価格はしょうがないとしても、巷には2千円だせば十分楽しめる作品が同人界には溢れているので、これまで同様、追加パッチ発売予定の作品だけに力を入れていって欲しいですね。

大穴で『嫁挿れどき』に追加パッチ発売! という事があるかもしれませんが、この出来では売り上げもイマイチでしょう。

これまで良作が続いたサークルさんなので、この『嫁挿れどき』だけで評価を覆す事は有り得ませんが、こういった作品が続けば評価を変えざるおえません。

期待しているサークルさんなので、是非今後に期待していきたいですね。

ちなみに同サークルさんの作品『スポットライト☆シンデレラ』の追加パッチがもうそろそろ発売されるので、そちらを所持している方は公式ブログを要チェック!


 


 

私的には芸能界の闇を深めてくれるパッチという事で、今からワクワクしている追加パッチになります。

皆さんも是非!

 

 





忍者





更新日:

Copyright© 嫁挿れどき , 2019 AllRights Reserved.