ストーリー

 

 

本作『スポットライト☆シンデレラ』は、業界から干されたダメプロデューサーが倒産寸前のプロダクションで売れない新人アイドルと出会い、共に業界の天辺を目指していく......

という、タイトル『スポットライト☆シンデレラ』に相違ないシンデレラストーリーです。

素質と意気込みだけは一流の神船ナナミちゃんをプロデュースしていき、実力と比例して深まっていく信頼が愛情に変わった時、
アイドルとして犯してはいけない過ちを二人で犯してしまう純愛エンドを手始めに、枕営業を重ねてついにAV界に堕ちてしまうAVアイドルエンド、
ファンの行き過ぎた行動を阻止出来ず悲劇が訪れるストーカーエンド等、数々のエンディングが目白押しの『スポットライト☆シンデレラ』。

本筋のストーリーはハッキリいって薄いですが、終わりとなる多様なエンディングに至る道は人それぞれ。

エンディング同様、数多くの展開が用意されているので実際にアイドルをプロデュースしている感覚になる事請け合いです。
私のオススメとしては恋愛ルートを推したい所。

ヒロインである神船ナナミちゃんが純粋な娘なのもあり、アイドル育成のみならず処女の女の子を自分好みに染めていく楽しみが味わえるからです。

枕営業やストーカーといったアイドルの負の要素もそそられる要素ではありますが、やはり恋愛禁止のアイドルと逢瀬を重ねるのは他にない興奮があります。

行為を重ねる毎に慣れていく様子は控えめなH演出と相まって妙な現実感を得られる事でしょう。

そのせいで愛着を感じたら最後、私同様に神船ナナミちゃんを数多く用意されているアイドル業界の闇から守り続けてしまう事になるハズ。

これからプレイされる方々が全シーンを網羅したいのに網羅したくないという葛藤に苦しむ姿が目に浮かびます(ニッコリ)
ちなみに私のお気に入りのシーンはこちら、

 

 

レッスンの帰り際に溢れるパトスを抑えきれない二人が絡み合うシーン。

そして、

 

とある事情によってラストライブになってしまったナナミちゃんの涙。

経験豊富な主人公に翻弄されてしまうナナミちゃんを是非皆さんも確認してみて下さい。

個人的に授かり婚エンドが本作『スポットライト☆シンデレラ』の最高のハッピーエンドになると思うので、出来ればそのエンド目指してアイドル育成に勤しんでください。

 
 






忍者





更新日:

Copyright© スポットライト☆シンデレラ , 2019 AllRights Reserved.