レビュー

「オッパイ星人マンセーな作品。 一人を除いて、男に対して歩く凶器並みの凶悪な巨乳ばかりなのでオッパイ好きは必ずプレイするべき」

「オカズ的な意味で神ゲーでした。 とにかくシーン数が多いため一か月は使用出来るんじゃないかな?」

「ヒロイン7人中、3人も褐色エルフがいるので褐色肌や日焼け肌が好きな人にオススメしたい。 褐色に白い液体は本当に映えます」

「ルネソフトってもっと危ない凌辱ゲーが得意分野だと思っていたんですけど『ようこそ!スケベエルフの森へ』は全然違うんですね。 良い意味で驚きです」

「ルート分岐が多く、その後のHシーン数も豊富。 かなり実用性に重きをおいた作品なので抜き目当てで買えば大満足出来る事間違いなしですよ」

「葵渚の原画はマジでエロい。 塗りもルネソフトが頑張ったのか外注が頑張ったのか知りませんが高水準。 豊かなオッパイに顔を埋めたい方、買いです」

「ロリババアのノルさんルートがオススメ。 ~じゃ、~じゃよと年寄り臭い話し方と見た目の幼女加減が絶妙にエロい。 そしてそこから進化して完全体になるので一粒で二度おいしいヒロインです」

「抜きゲーだが、普通にシナリオが王道展開でそれなりに楽しめるのは好印象。 フルプライスでHシーン以外作り込まないメーカーが多い中、これは強みじゃないでしょうか。 個人的に「悪の女幹部」なみに楽しめた」

「Hシーン時に会話する事が多く、お口でするシーンでさえ女の子が喋ります。 咥えながらふぇふふぇふと喋るのでもう堪りません。 そういう作り込み好きなんだよなー」

「後半の展開が少し雑に感じましたけど概ね面白かったと思います。 残された謎が気づいただけでも複数あるので、シナリオ好きにはオススメ出来ないかな。 あくまでコレは抜きゲーとして良作って感じ」

「物語や世界観、キャラクターはスバラシイのです、が、Hシーンの描写が少し雑。 大抵が揉んで摘まんで「ああキモチー!」そして挿入....「イクイクイクー」で発射。 Hシーンまでのプロセスや果てるまでの展開に面白みがないのは書かずにはいられない欠点。 素材が良いだけにガッカリ感が強かったですね」

「キャラデザがホントに良い。 ただ、他でも言われていますがHに及ぶまでの前哨戦とも言うべき前戯シーンが微妙。 イラストが良いだけにライターの力不足が浮き彫りになっている気がする」

「エルフ好きとしては満足いく作品でした。 普通のエルフもダークエルフも良いものですね。 個人的にもっともっとエルフの種類を出して欲しかったな~という気持ちもありますが、描き分けが大変なので無理でしょうねww」

「最近の風潮でツンデレの「ツン」さえ我慢出来ないユーザーが多いとの判断で、『ようこそ!スケベエルフの森へ』ではツンはすぐにデレます。 そのせいで物語に起伏が無くなっているように感じたので、出来れば古参としては元のツンデレに戻して欲しいですね。 エロゲー界のゆとり化がドンドン進んでる気がするんですよねマジで」

「抜きゲーらしい抜きゲーといった作品。 抜きに特化するためにHシーン解放機能まで搭載されていていい意味でも悪い意味でもユーザーに配慮しているメーカーだなぁと思いました。 ゲーム内容的には特筆出来る点がありませんが、その抜きゲー特化の姿勢が好印象だったので良作だったと判断しました」

「最初に出会うルーシェがマジでカワイイ。 その他のヒロインはどーでも良いですルーシェちゃんだけのルーシェちゃんによるルーシェちゃんのアフターを作ってください。 一度孕ませただけじゃ物足りませんので」

「絵のインパクトがスゴイ。 秋葉原でパッケージを見かけた際、思わずそのままエルフ達にダイブしそうになった(よだれ) そのまま購入して遊びましたけど抜き所がたくさんあって価格相応の内容でしたね」

DMM


更新日:

Copyright© ようこそ!スケベエルフの森へ , 2019 AllRights Reserved.