評価

 

 

・オカズ度 【S】

お尻、お尻です。 お尻が非常に美しい!

お尻に一家言ある私ですが、本作『Re:LieF 親愛なるあなたへ』の尻は、もはや芸術と言って良いでしょう(確信)

プロローグでアイに出会うシーンで「神尻作品」の予兆を感じたのは私だけではないはず......

尻だけじゃなく、横乳も秀逸で本気でお気に入り。

そして、なんといっても一番紹介したいHシーンはコチラ、

見て下さい....神々しいですねぇ......尻尾が良いアクセントになって...たまらん。

以前の記事で語ったかもしれませんが、背面騎乗位がでお尻アングルが大好きなんです私は!

背後からやや見上げる形になるアングルも好きですが、この少し横にずれて引いた位置から眺める尻も、やっぱり良いですね(興奮)

文句なしの【S】評価です! はい!

 
 
 
 

・キャラクター/声優 【S】

主人公・男女問わずフルボイス。

それぞれのキャラクターに個性があり、登場人物も限定された少人数なので、把握しやすく感情移入が容易。

普通なら(棒)な演技に聴こえる日向子ちゃんの声も、彼女の設定を思えば初々しい感じが合っていたと思えます。

ももちゃんのあざとさは少しウザく感じるものの、他のヒロインが全般的に良い演技をしてくれていたため、我慢する事が出来ました。

 
 
 
 

・イラスト/アニメーション 【S】

アニメーションは無く、スチル(CG)差分で変化するHシーン。

新ブランドとは思えないクオリティのイラストで、見ているだけで楽しめるCGばかり。

特に光の描写や、それに伴う陰影の表現に優れていて、二次元なのにリアルな肉感や背景が素晴らしかったです。

なんというか二次元と三次元の良いとこどりをしたようなCGで、アニメ風なタッチを残しつつ、リアルに寄せた感じ? と言えば伝わるでしょうか?

この教室の背景や、自室の窓から差し込む光、なんだか写真を見ているようでした。

 
 
 
 
 

・ストーリー/構成 【A】

この項目は迷いましたが、この評価。

全体的に起伏に乏しく、平和でゆったりとしたシーンが長すぎた印象があります。

冒頭の日向子視点は始まりも終わりも良く出来ていたため、少し残念。

しかし、癒されるために集まった人物達なので、まぁ仕方ないのかもしれませんね。

それでもシナリオには「事件」や「事故」等の物語にインパクトを与えるシーンが必須だと思うので、その点、『Re:LieF 親愛なるあなたへ』は失敗してしまった印象です。

ただ、その起伏のない平和なシーンは一気に読まなければプレイヤーを癒してくれるくらいのクオリティがあるので、じっくりプレイする作品だったのかもしれません。

隠しルートのエンディングについては、プレイヤーに解釈を委ねるような終わり方になっているので、安易に正解を与えない点は自分好みでした。

そのおかげでプレイ後はモヤモヤしてしまったワケですが(笑)

それも含めて楽しめたので良シナリオの部類でしょう。

 
 
 
 

・オリジナリティ 【A】

シナリオ面はそれほどオリジナリティは感じられませんが、一枚絵で演出するドラマチックな場面があり、あまりそこまで手が回らないメーカーが多いため、新ブランドでありながらここまでやるか、という良い意味での珍しさがありました。

それをオリジナリティと呼ぶのは少しアレですが、学園モノでイチャイチャしたり異能バトルしたりせずに、一貫して人間を描いたのは、エロゲ界においてオリジナリティが高いのではないでしょうか。

 
 
 
 

・ゲームシステム/音楽 【S】

良曲ばかりで、タイトルから音楽鑑賞モードにいけるので大満足。

シナリオの雰囲気に合った落ち着いた曲が多く、聞いているだけで胸が痛くなるような謎の懐かしさがありました。

特にOP曲が秀逸。

ゲーム中に流れた時、思わず曲名を調べちゃいました。

ゲームシステムについてはレイアウトが凝ってるな~という印象ですかね?

基本的な機能についてはほぼ従来のエロゲを踏襲した形ですが、目に見えて分かるテキスト欄やコンフィグのデザインが、作品の雰囲気に合ったモノだったので印象的でした。

 
 
 
 

・ボリューム/価格 【B】

これはシナリオ部分やゲーム全体のボリュームの評価ではないのですが、Hシーンが少ない!! という男の叫びを反映した評価だと思ってください。

シナリオ重視の作品であっても基本的に一人のヒロインに対して3シーンくらい用意されているモノですが、本作『Re:LieF 親愛なるあなたへ』はサブヒロインに2シーンづつ、メインヒロインに4つ......少ないです。

いや、その少ないHシーンは驚愕のクオリティなのですが、それだからこそ、良かったからこそ、残念に思ってしまいます。

もっともっと「お尻」シーンを作って欲しかった!!

ハイ。 個人的な感情入りまくってますね。

それほど『Re:LieF 親愛なるあなたへ』のHシーンが好きだったという事でご容赦下さい。

 
 

ボタン

忍者





DMM


更新日:

Copyright© ReLieF 親愛なるあなたへ , 2019 AllRights Reserved.