攻略

プロナント・シンフォニーは、ゲームの中では結構難易度が高めのゲームで、レベルを上げたり、属性場が悪いとあっというまに全滅してしまうくらいのゲームです。
幸いセーブはどこでも可能なのと、全滅をしてもデメリットは少ないのでゲームをクリアできなくなったり詰むといったことはあまりないと思いますが、ここだけは抑えておこうというポイントを紹介していきます!

ゲームの最初は、主人公とイリトの二人で万魔殿に挑みます。
しかし、初戦闘から結構強敵と戦うことになるのでセーブを推奨します。
イリトのブレスと、主人公のプロナントを駆使してようやく勝てるぐらいです。

その後は、ジュエリ、セラフィナ、ニーヴァが加わり本格的に活動をしていきますが、途中で何回か主人公を使うことになっていきますが、そのころには装備なども整っているのである程度は戦えるようになっています。

 

戦闘において重要なのは、場の属性です。
敵の攻撃が属性の場に合っていれば威力があがり大ダメージになってしまいますし、逆にこちらの属性が合っていれば大ダメージを狙えます。
また、それ以外にもHPが回復する場や、一方的に味方に有利な場などもあります。

相手の持っている属性も注意が必要です。
得意な属性の場合は、ダメージが減少するだけではなく、回復させてしまうこともあります。
苦手な属性を狙うためにも、色々な属性で攻撃できるような装備とスキルをセットしておくことが大事です。

財宝を守っているボスやフロアキーパーなどは、雑魚と同じ姿をしていることもありますが、強さが大きく異なります。
中でも厄介なのが連続で行動することで、集中して狙われてしまうと簡単に戦闘不能になってしまいます。
運の要素もありますが、サイレスやパラライズ、イリュージョンなど相手の行動を封じるスキルや攻撃力を下げたりといった補助も使いこなすことが勝利のカギとなってきます。

それでも勝てないという場合は装備の強化やスキルの入手をするのがオススメ。
スキルはレベルを上げて取得する以外にも、武器や防具を装備して使い込むことで覚えることができます。
一度覚えてしまえば、他の武器を使っても忘れることは無いので、どんどん覚えていきましょう。

 

強い装備を手に入れる方法は、合成や財宝から入手することができます。
合成は、万魔殿の中にある採取素材や、敵を倒したときに手に入る素材をつかって行うことができます。
回復アイテムなども作ることができ、合成することで経験値も入るのでどんどん合成しましょう。
財宝は、強敵が守っていますが、出る敵は決まっているので、防具やアクセサリーで対策が取りやすいので、一度だめなようなら装備を変更して挑むと勝てるかも?

 

万魔殿では、通常の戦闘以外にストーリーに絡む戦闘もあります。
中には、負けることで見ることができるエッチなCGなどもありますので時には負ける事も必要かも!?
負けてもゲームオーバーにはならずストーリーが進行したり宿にもどったりとデメリットは少ないです。

万魔殿の中にいるNPCに対して、プロナントを使うことも攻略のカギになります。
NPCから合成に使う素材を集めたり、財宝の情報を聞き出す以外にも、戦闘を避けたりすることも可能です。
無理やりレイプをすることなどもできるので、使ってみるのもよいかもしれません。
しかし、レイプをしたりプロナントを多様していくと、主人公の悪の心が成長したり、ギルドの店が利用できなくなるというデメリットもあるので注意しましょう。

ギルドの店は利用をしなくてもクリアできるのですが、序盤から強力な装備を手に入れることもできるので手に入れた後に悪い行為などを行えばいいので、先にギルドで必要なものを手に入れてからプロナントで悪事を働けば問題はなさそうです。

6Fにある扉は、悪魔文字が読めるようになると、文字を入力して先にすすめるようになります。
文字を入力することにより先に行ける場所が異なり、サタンと入力すると、強敵がいる部屋へ転送されて、財宝や金銀などと入力すると宝物庫へ行くことができます。

 

後半になってくるとほぼ必須となるスキルがあります。
『金剛力』とよばれるスキルで、ジュエリや主人公が『黒鉄の刃』で取得できるスキルで、使用すると次の攻撃の威力を大幅に上げることができます。
後半になると敵の攻撃力が高く、数ターンで全滅することもあるので、一気に攻撃力を上げて速攻倒す必要があるので、イリトの『退魔剣術の構え』やニーヴァの『エンハンスパワー』などと併用して一気にダメージを与えるようにしたいです。
とはいえプロナント・シンフォニーもレベルを上げていけばクリアできないというわけでもないので、レベルを上げていけば必ずクリアをすることはできる難易度のゲームです。
レベルを上げて物理で殴るはロールプレイングの鉄板の攻略ですね!

ボタン

DMM


更新日:

Copyright© プロナント・シンフォニー , 2019 AllRights Reserved.