評価



・オカズ度【B】

いかんせん本作のHシーンは人を選ぶ。

NTR耐性が不十分だとハッキリ言って不快感しか感じないH内容だらけ。

そして肝心のHシーン解放時期だが、かなりの時間オアズケ状態を強いられる。

そういった点がマイナスポイントでこの評価となった。

ただ、NTR大好きっ子は真逆の評価になると思われる。

現実の長い歴史の中で実際にあったと思われるNTRにエレクトする事間違いなし。








・キャラクター/声優【A】

個性豊かな女の子が大勢登場するので好みの子が一人は絶対見つかるハズ。

魅力的な女の子達を演出する声優さん達の演技も「棒」な人が見当たらないためゲームに集中出来る。

Hシーンでは嫌がりながらも相手のテクに翻弄される様子が声にも反映されていて非常に興奮する。

ただ一点不満だったのは、一周目に私が守りたかった女の子が華麗に散った所!(腹いせ)








・イラスト/アニメーション【A】

Hシーンは全て静止画CGで動きはありません。

キャラの立ち絵に未熟な点を感じていて不安だったのですが、Hシーンの画力は非常に良かったです。

可愛らしい絵柄の女の子達なのでシチュエーションを忘れれば、ほんわかした気持ちになれます。

ただ、女の子の絵柄が総じてロリ風味なので全員どこか似た印象があるのが残念でした。

登場キャラが多い戦記モノなので、思い切って複数絵師さんにした方が良かったかもしれない。








・ストーリー/構成【S】

粗削りな部分が散見されるが二転三転するストーリーは最後までプレイしたくなる牽引力があった。

まさかあの人が!? コイツはイイ人だと思っていたのに! 等、ビックリした場面が結構ありました。

NTRモノなのでしょうがないのですが、主人公であるアレスくんにはガッカリさせられてばかりで、その点は終始イライラさせられます。

しかし、かなり大きな風呂敷を広げたのに最後にはちゃんと纏められていてアレスくんの事を差し引いても面白いシナリオでした。

一つ疑問なのは題名がストーリーに余り関係無い所。

もっと相応しいネーミングがあった希ガス。








・オリジナリティ【S】

エロ同人なのに本格的なSLG!

もう一度言います エロ同人なのに本格的なSLG!!

それだけでオリジナリティは十分でした。

新要素の「ハーレムシステム」は上手くストーリーにリンクしていて非常に新鮮な形でNTRを楽しめました。

Hシーンを見るだけのゲームには到底真似出来ないゲーム部分の楽しさが本作にはあります。








・ゲームシステム/音楽【S】

やはりSLGをこれだけの完成度で作り上げた点はスバラシイの一言。

プレイ前は絶対に粗があるんだろうな~なんてホザいていた自分を殴り倒したい気分です。

「閃き」システムでスキルを手に入れていく部分も、選択肢がたくさんある戦略部分も、同人ゲームの域を逸脱しているまである。

先に何度も触れている「ハーレムシステム」や前作から実装されている「女囚システム」等、ストーリーとNTRジャンルに非常に良くマッチしていて相乗効果が凄まじい。

音楽に関しては「これエロ同人だよね?」と思うほど戦記な雰囲気を現したBGMだったので違和感なく聴いていられました。








・ボリューム/価格【S】

いやもう本当にコストパフォーマンスが良い。

通常の同人作品と変わらない値段で膨大なシナリオと作り込まれたゲームシステムを楽しめるのだから大満足でした。

プレイ開始からしばらく経って、ここまでが序盤の序盤に過ぎなかったと知った時には開いた口が塞がらなかったです。

難易度が4つもあるのでメインヒロインの個別エンド回収と共に難易度を上げて、また違った感触でプレイ出来る点も非常に良心的。

ただ、このように凄まじいボリュームなので本腰をいれてプレイしないと十分に楽しめないのが唯一の欠点でしょうか。




ボタン

忍者





DMM


更新日:

Copyright© 魔剣士リーネ2 , 2019 AllRights Reserved.