ジャンル



設定・カテゴリ ・・・・・ 「同人ゲーム・学園・コスプレ・3D・キャラカスタム・アニメーション・凌辱・ネトラレ・復讐・淫乱」

プレイ ・・・・・ 「調教・飲尿・フェラ・パイズリ・機械姦・複数姦・輪姦・5P・逆レイプ・正常位・後背位・ギロチン台・アナル・2穴責め・ぶっかけ」






基本的には、テキストをクリックして読み込んでいくアドベンチャーゲームである。

途中で選択肢があってルートが分岐するあたりも定番。

ちょっと面白いのは、アニメーションのなかでヒロインたちのセリフをクリックし、それに対応する選択肢を選んで彼女たちの機嫌を取るというシステムだ。

選択肢によっては、奉仕によってヒロインたちをイかせることもできるので、なかなかやりがいがある。

ここらへんも含めて、ごく簡単なゲームなので、攻略に手間取るということはほとんどないだろう。

エッチの内容的には、「奉」課後輪姦中毒というタイトルだから、基本的には奉仕行為がメインとなる。

メインヒロインである小夜とのラブラブエッチはあるが、それは小夜の凌辱シーンを見たあとでなければ見ることはできない。

そういう意味では、上にも記した通り、「被凌辱」のマゾゲーと言っていいだろう。



また、プレイヤーはメインヒロインである小夜が淫乱に調教されるところを眺めさせられるわけなので、ネトラレゲーの要素もある。

ネトラレる相手が、特定の男性ではなくもうひとりのヒロインであるあたりが特色と言っていいかもしれない。

メインヒロインを言葉なぶりしたりする男性キャラクターは登場しないので、そこらへんが苦手な人にも安心の仕上がりだ。

それが物足りないという人もいるだろうけれど……。

もっとも、もちろんルートによっては主人公攻めのエッチもある。

ただ、主人公受けを受け入れられない人にとっては相当辛い作品となってしまうことが予想できるので、そういう人にはあえてお奨めはしない。

もっとも、逆に言えば愛する妹を人質に取られて何人もの美少女たちにセックス奉仕を強要されるというシチュエーションに興奮を覚える筆者のような人にとっては、極上のゲームと言えそうだ。

ドMシチュ好きの方なら楽しめるだろう。




ボタン

DMM


更新日:

Copyright© 奉課後輪姦中毒 , 2019 AllRights Reserved.