サクッと攻略



先述したように、このゲームはマルチエンディングとなっている。

どのエンディングも相当にエロいものばかりだが、すべてのエンディングを見るためには何回かゲームを周回しなければならない。

エンディングの種類は瑛麗奈の「エレナ評価」と小夜の「H満足度」によって分岐する。

「エレナ評価」は瑛麗奈に対する奉仕によって決まって来る。


その日によって瑛麗奈の機嫌は違っているので、その彼女に対し従順に行くべきか、それとも抵抗を示すべきか、見極めて判断しなくてはならないのだ。

画面に出た漫画風の吹き出しをクリックし、彼女の言葉に対し、「従順」でいくか、「渋々」でいくか、「抵抗」でいくか決める。

単純にいつも「従順」でいればいいというものではなく、ときには「渋々」や「抵抗」を選んで骨のあるところを見せなければならないようだ。

ちなみに、キーボードのAltキーを押しながら質問アイコンを選択すると、正解が表示されるので、どうしても困った場合はそれを使おう。

まあ、普通にやっていれば攻略に手間取ることはないと思うが……。

何しろ、瑛麗奈の機嫌はひと目見ればわかるので、選択はむずかしいものではない。

瑛麗奈が微笑んでいれば上機嫌、怒っている様子なら機嫌が悪いということだ。わかりやすい子だよね。



一方、小夜の「H満足度」は凌辱シーン(本人が希望していることなので凌辱とは言えないかもしれないが)と「フリーエッチ」によって決まって来る。

小夜の体力はその日ごとに回復するので、体力の許す限り、さまざまなエッチパターンを実行してあげよう。

エンディングはバッドとグッドを含めて全部で7種類存在している。

そして、その分岐は4日目あたりまでのポイントと選択肢の選び方で決まってくる。


たとえば4日目までの帰宅時に「H満足度」が0ポイントから30ポイントの場合は、そのほかの条件に関係なく「小夜バッドエンド」に至ることになる。

バッドエンドに入るのが嫌な人はとりあえず「H満足度」を上げておく必要があるということだ。

逆にバッドエンドを見たい場合はそれまで、小夜となるべくエッチしない方向に進めるしかない。


また、同じその時点で「H満足度」が31ポイントから75ポイントまでで、0日目の選択肢で「小夜ちゃんを助けたいと思った。」を選択している場合は、「小夜+1エンド」に至る。


そして、その時点で「H満足度」が76ポイントから100ポイントで、同じ選択肢を選んでいる場合は「小夜+2エンド」を迎えることとなる。


一方、やはり4日目の帰宅時に「H満足度」が31ポイントから75ポイントで、「小夜-1エンド」に到達する。


そして、同じ選択肢を選んだうえで「H満足度」が76ポイントから100ポイントの場合、「小夜-2エンド」へ至ることとなる。


つまり、0日目の選択肢の段階で「+」に振れるか、「-」に振れるかは決定してしまっていて、その後、変えることはできないということだ。


その後、バッドになるか、「+1」になるか、「-1」になるかは、「H満足度」によって決定される、と憶えておけばいいだろう。

ここでいう「+」、「-」はラブラブハッピーか快楽に忠実になるかを意味しているようだ。

もっとも、それぞれのエンディングをどう解釈するかはすべてプレイヤーしだいである。

たとえば「+1エンド」など、「これでほんとうに+なのか」と思えるものであるかもしれない。

いや、あれはあれでハッピーなのかもしれないが……。


また、4日目の帰宅時に「エレナ評価」ポイントが15ポイント以上に達している場合、5日目の帰宅時にイベントが発生する。

ここで「すぐに電話に出る」を選択すると瑛麗奈のルートに入る。

そして、その先の電話で「許す」を選ぶか、「復讐する」を選ぶかによって、ハッピーエンドになるかバッドエンドになるかが決定する。

瑛麗奈の悲惨な姿を見たいか、それともあそこまでのことをした瑛麗奈を許してハッピーエンドを見たいかによって、最後の選択肢を決めればいいだろう。

すべてのエンディングを見るのはなかなかに手間だが、しかし攻略自体は決して困難ではないので、この情報を参考にすれば、すぐクリアできてしまうだろう。

ぜひ、色々なエンディングにチャレンジしてみてほしい。




ボタン

DMM


更新日:

Copyright© 奉課後輪姦中毒 , 2019 AllRights Reserved.