ブランド「イリュージョン」



私が「イリュージョン」と聞いて、まず最初に思いつくのは「レイプレイ」という作品です。

当時まだアダルトゲームに慣れていないライトユーザーだった私が初めてプレイした3Dのエロゲー。

そのため非常に思い出深い作品なのですが、その頃と比べると随分グラフィック面が進化したな~と『ハニーセレクト』をプレイしていて思いました。

今やPS4やNintendo Switchで高画質なゲームが出回っている世の中で、アダルトゲーム業界においても画質の向上が必要になっているのだなと改めて感じています。


そんな3D業界では今VRが盛況ですが、『ハニーセレクト』でも一応実装されている機能になります。

「VR彼女」のような自由な行動は望めませんが、先に書いた通り鑑賞目的ならば実用性が期待出来るでしょう。

アダルトゲームのVR作品を開発出来るのは「イリュージョン」くらいのモノなので、このまま開発を重ねていつか傑作と呼ばれるようなVRエロゲーを作って欲しいですよね。


今までのパターンでいくと次回作はアニメ風のモデリングがされた3Dシミュレーションが発売されると予想しますが、個人的に「ジンコウガクエン」シリーズが好きなので新作に期待が高まります。

ただ、「ジンコウガクエン」は『ハニーセレクト』に比べてグラフィック以外にもシミュレーション部分にも力を割かなければいけないシリーズなので、多少グラフィックが落ちたとしても肝心のシミュレーション部分を作り込んで欲しいですね。

今回の『ハニーセレクト』で唯一の不満だった「お尻」の作り込みについては何度も書いているので割愛します(笑)


ちなみに前作ではトンデモナイクソゲーを発売したとして有名になってしまったイリュージョンでしたが、今回の『ハニーセレクト』で無事に名誉挽回出来たという経緯があります。

前作という黒歴史にも負けず、これだけの作品を出せた「イリュージョン」には頭が下がる思いです。

これからも3Dアダルトゲームを牽引していくブランドだと思うので未来のVRエロを発展させるためにも十分なお布施を皆でしていきましょう!

ハニーセレクトとジンコウガクエンには追加パックがあり、さらに楽しむコンテンツがパックに入っています(別売り)

追加パックがそれなりの値段ですけど、それ以上の恩恵がありますので、新しい刺激が欲しくなったら、ぜひ購入することをオススメします。

それぞれの画像をクリックすると購入ページへ移動できます。



ボタン

 

忍者





DMM


更新日:

Copyright© HoneySelect-ハニーセレクト , 2018 AllRights Reserved.