ジャンル

 

設定・カテゴリ「3D・キャラカスタム・アニメーション・コミュニケーション・VR」

プレイ「SM・正常位・後背位・騎乗位・放尿・潮吹き・媚薬・フェラチオ・イラマチオ・手コキ・パイズリ・素股・Gスポット責め・まんぐり返し」

 
 

『ハニーセレクトは3DキャラメイクHコミュニケーション』というジャンルで開発されました。

このジャンル名通り、主なゲーム内容は自分好みのキャラクターを作る「3Dキャラメイク」と作った女の子と遊べる「Hコミュニケーション」で構成されています。

3Dキャラメイク部分は、かつての「イリュージョン」作品と比べても一番のボリュームと自由度を誇っていて私は今もなお遊びつくせていません。

 
 

しかし、Hコミュニケーション部分は少し私としては残念な部分が多かった印象です。

他の記事でも書いた通り、「お尻」への愛の足りなさや「女の子の反応」がワンパターンといった部分ですね。

この「お尻」関連は個人的な性癖なので「イリュージョン」だけを責めるのも酷だとは思いますが、「女の子の反応」については擁護出来る所がありません。

そもそも公式サイトでも書かれている通り、かつてないボリュームの反応を実装しているという触れ込みだったワケで、私としては一つのシーンに様々な反応があるのだと思っていたんですよ。

実際は様々なプレイと性格によってパターンがあるだけで、一つの要素に複数の反応はほぼ無いんですよね。

なので好きなタイプの女の子とHを続けるとすぐに底をついてしまうという欠陥があるのです。

それなら他のタイプで楽しめばいいじゃない、という声が聞こえそうですが、やっぱりお気に入りのタイプで長く遊びたい男心というものがあってですね?

そのため、不本意ながら他の女の子ともHしなければならない場面が多く、偏食気味な私としては不満に感じてしまったワケです。

勿論、その点は賛否両論、いやもしかしたら私のような意見はごく少数なのかもしれませんが、一人のユーザーの我儘として読み飛ばしてください(笑)

 
 

こうした不満はありましたが、『ハニーセレクト』の3DキャラメイクHコミュニケーションというジャンルにおいては現在発売されている同ジャンルと比べても一番の出来であるというのは間違いありません。

今後も恐らくこのジャンルの先駆けは「イリュージョン」になると思いますので、次回作では「お尻」についてご一考して下さる事、切に願っています!

ちなみに『ハニーセレクト」で唯一私のお眼鏡に適った「お尻」シーンはこちらっ!

 

 

 

この背面騎乗のパターンで女の子がもう少し前かがみになって膝で上下する形にしていたら満点だったのですが......

本当に残念でならないっ!(カッ)

その他の体位では私の求める基準に達していたため文句一つ出ません。

本当にこの背面騎乗シーンだけ! このシーンだけ作り直しを要求したいです(笑)




ボタン

 

忍者





DMM


更新日:

Copyright© HoneySelect-ハニーセレクト , 2018 AllRights Reserved.